真夏日だった糸魚川スポルト

今年の夏はどう考えてみても異常気象。それも、10月5日なのに、東京、山梨、長野は30℃越えの暑さだった。そんな天気でも、東京・駿河台から新潟県糸魚川まで332kmをリレーで走る東京→糸魚川ファストラン・スポルトに参加。深夜1時にから揚げ、厚焼き卵、5合のお米でおにぎり9個の三人分のスペシャル弁当を作り、2時半ピックアップ。4時スタートで、車組は次の交代ポイントへ急ぐ。写真は国立インター前のローソンで、今か今かと走者を待っているところ。朝5時半ですでに薄明るく、風は向かい風。これはゴールまで続いた。3人の分担は、最初は30kmずつを担当した後は、20kmずつ、一人5回走る。私は最初の4区間が、ほぼ登り基調で、小谷からゴールまでが唯一の下り区間。塩尻峠はじりじりの日差しで汗がボタボタと流れ、安曇野~木崎湖までのダラダラ登り19kmは、向かい風で泣きたいくらいだった。踏んでも踏んでも20kmしか出ず。今年はノーミスで走ったものの、この向かい風が影響して、去年よりペースが遅い。小谷の交代ポイントでタッチしたのは、完走タイムまで40分しかない5時50分。雨がぱらつき、いつもより暗い、というか真っ暗。こんな時間にこのコースを走ったことがなかったが、中盤以降続く洞門は灯りがどこにもなくて、真っ暗。自転車のライトでは路面の一部しか見えなくて、とにかく怖い。平衡感覚までなくなっていて、24kmの区間、下りなのにスピードは出せず。ふらふらしながら55分もかかってゴール。本当に死ぬかと思った。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です