秋空ライド

ようやく涼しくなったお彼岸過ぎの日曜日、たまライド70Kを開催。今年は本当に天気予報が不安定。前夜の予報すらあてにならない。この日も一日曇り予報だったのに、スタート時点で小雨がぱらついていた。しかも、湿度が高く、ムシムシしてる。七曲り峠を登り、高尾街道、秋川街道から恩方の里山へ。大好きな美山通りはまだ紅葉には早くて、秋空に映える。時間どおりにキャナリィロウに到着して、和気藹々としたビュッフェランチ。後半は尾根幹から多摩川へ。小野路の辺りで奥原さんのチェーンが外れて、後ろを走っていた私も止まってお手伝いしていると、智夫さんが来た。仕事の帰り道だったらしく、そのまま合流してくれた。最後のコンビニ休憩では、全員で話が盛り上がって、なかなかスタートせず。多摩川沿いは、私が先導で飛ばし、3時前にゴール。とても和やかな、楽しいライドだった。

自転車の季節

暑い暑いと言っていたら、暦はすでに秋。明日はお彼岸最終日。日本列島は台風の雨で、めっきりと涼しくなった。短かった夏は酷暑の毎日で、短くも濃い、記録的な暑さの夏だった。とにかく湿度が高いので、暑さが堪えた。普段なら、自転車ならば大丈夫と出かけると、必ず熱中症になった。ようやく涼しい秋になると思うと、体も楽でうれしい。6月末からの、JOY FITでのジム活は3ヶ月になろうとしていて、依然として週に4日はトレッドミルで走っている。おそらく、屋外ならば走れなかったであろうこの夏を思えば、ジム活にしておいて正解だった。今年の糸魚川スポルトも中止なので、しばらく自転車レースはないけれど、来年に備えてそろそろ自転車にもきちんと乗ろうと思う。

何か言いたげな秋の雲

たまライドの時に、ジャージの後ろポケットから落ちたポイント表などの紙が、昭島警察署に届いていたという連絡があったのが8月最後の日。取り置き期間は10日間ということで、その二日前の日に自転車で引き取りに出かけた。Googleマップで見ると、距離は31km。イベントで警察署回りは慣れているので、警察署の一般車両の駐車スペースは何台もないのはわかっているので、自転車で行く。ただ、気温34℃、湿度も高い。この湿度が今年の夏を厳しくしている。ただの暑さではないからだ。行きは風も気持ちよく、まず快調に向かっていたのだけど、昭島警察署で落とし物を受け取って外へ出ると、時間も11時半を回っていて、強い日差しで新奥多摩街道はとんでもないことになっていた。勝手知ったるこの道を日野橋から多摩川沿いの道路に入っていくので、その手前のファミマで休憩。スイカフラッペを買ったのに、入れるミルクのボタンを間違えて、ホットミルクを注いでしまう。かなり、脳をやられてる。その後は、水を補給しつつ、やっとの思いで帰宅。食欲もなく、なんとなく頭痛もする。お昼に冷やしごまだれキツネそばを作り、その後は昼寝。ジム活もこの日はお休み。

今年の秋

マスクをした酷暑、秋になって台風は直撃、野球はシーズン折り返しでドラゴンズがまずまず好調、ランニングも週4で走って月間100km。今の時期としては、ランがんばってるほうかも。21年で初めて、まったく泳いでいない一年。ノースリーブでバイクもやっていないので、腕はきれいに焼けていないし、なかなかに未消化の夏。そして、もうすぐ秋。なんのレースもないから、冬のマラソンでも申し込んで、ランの人になろうかと思う。少しダイエットできたので、この頃ランが快調。久々に秋に走りこんでみようかな、やることないし。

酷暑のたまライド

今年の8月は過去の最高気温を更新したのだという。7月は一日しか晴れた日がなかったのに、一ヶ月でこの落差。そして、最後の日曜日、たまライド100Kを開催。去年は、一年前の猛暑が影響してか、参加者は2人だったのに、今年は他でのライドイベント開催がないからか、参加者は真夏にしては多い7人。全員、男性で年代も比較的若い。最初からペースが早く、休憩の時に話を聞くと、みんなそれなりにトレーニングをしてきていた。前日に走った人も3人。11時前には鑓水のキャナリィロウに到着。お昼の間に日差しはどんどん強くなっていく。尾根幹を走る頃、日差しはピークになってきて、そのルートを先導した私が、暑さにやられていった。コンビニ休憩で、2ℓの水を頭から浴びて、少し回復。次のコンビニでも、また水をかぶる。残り30km、体格のいい50代の参加者にショートカットをするかどうか聞いて、2人でそのままゴールへ。残りの猛者たちは、調布飛行場、東京競馬場へ向かう。それでも、最後のコンビニの2ℓが効いたのか、ラスト20kmは頗る快調で、4時到着。まだまだ日差しが熱い。全員、笑顔の完走。

夏はカヴァタッピで

この間、カヴァタッピで部長とランチしたのは、もう4ヶ月も前のことだった。たしか、緊急事態宣言が出た直後だったように覚えている。電車でなく、ロードレーサーで築地へ行った。まだ春だったし、自転車に乗って気持ちがいい陽気だった。ところが、この猛暑。今年は佐渡トライアスロンもないので、22年ぶりに真夏に練習しなくていい夏である。ジム活は普段の夏よりやっているので、ランだけは週に4回走るが、スイムなんて今年に入ってから泳いでいない。自転車も、8月2日に鈴木さんと土山峠に行ったきり乗っていない。大丈夫か、たまライド。で、久々のカヴァタッピで、豪勢に食べ尽くし、ステーキの後に雲丹のクリームパスタ、そしてドルチェは4種盛り合わせという贅沢。寝るまでお腹はいっぱいだった。ドラゴンズも好調なので、テレビはすべて野球ばかり。生で見て、録画を見返す、という週末。ほぼ肉体鍛錬と野球漬けという、体育会生活。

酷暑

4日間のお盆休みも、ほぼいつもと変わらない。昨年と違うのは、9月の佐渡トライアスロンがないので、練習する必要がない。考えてみれば、トラ歴22年目にして初めて。去年も暑い中を練習した気がする。よくできたもので、レースがないとモチベーションがまったくなくて、プールへ行く気も起きない。暑い朝起きて、洗濯したり、掃除したり、午後になってプロ野球を見て、夕方はジム。そんな毎日だった。冷房の効いたジムの中でも、走り始めれば汗がすごい。昨日は30分走るのもやっと。フリーウエイトでスクワットやお尻の筋トレもやって、なんだかトレーニングした気分。お盆休みと暑さもあって、ジムは割と混んでいる。自転車は丸2週間、乗っていない。

コロナの夏休み

新型コロナで旧型はいつだったの、というシンプルな質問に徳島大学大橋名誉教授は、「旧型コロナというのは存在しない」と明言。だったら、新型ってなんだ、という話になる。PCR検査の意味もないというので、それじゃいったい今の騒ぎはなんなんだ、ということになる。しかも、今日の感染者と騒いでいるのは陽性者のことで、ほとんどは無症状で感染していないそうだ。段々とそのからくりもわかってきている。だって、東京にいて、コロナに罹った人知らないから。そして、コロナ禍の夏休みもどこへも出かけないので、ジム活+ウチ飯+プロ野球のメニューなので、半径100mの範囲で生活している。近いジムというのは無敵だ。しかもレディスエリアはいつも貸し切り。プライベートジムに毎日行ってる。

夏の土山峠

野尻湖トライアスロンで同じ宿だった鈴木さんは、金沢での単身赴任を終えて、5年ぶりに家族のいる町田に戻ってきた。その前からFBでいろいろコメントくれていて、こちらで一緒に走りましょう、なんてことになっていた。それで、一ヶ月前にようやく実現。尾根幹も走ったことがないというのでご案内をして、コンビニで長く話した。先週はたまライドのガイドも急遽お願いして、なんだか自転車に目覚めたみたいなメールが来た。そして、今週はまだ走ったことがないという宮ヶ瀬に行きたいという。何年かぶりの清川村、土山峠。鈴木さんには先に行ってもらって、足がつるといけないので、マグオン飲みながらゆっくりと行く。こんなに長かったっけというくらいだめだめ。鈴木さんを待たせて、ようやく到着。町田街道の人気のうどん南哲にご案内するも、すごい行列で断念。他県ナンバーも沢山。実家から近いのに、一度も行ったことがない。ウエストで天ざるそばをたっぷり食べて、終了。

雨のたまライド

5月はコロナ、6月は雨で中止のたまライド。今月はなんとしても開催したいと準備していた。当日の天気は曇り、降水確率20%とまったく問題ないはずだった。が、しかし。朝4時半に、かなりな雨音で目が覚める。天気予報を見てみると、八王子は午後2時過ぎまで雨マーク。ただ、世田谷は朝方だけ。とりあえず車で現地に向かうが、途中参加者からメールやら電話やら。「やるんですか?」たちかわ創造舎にも着いても、雨は一向に止む気配なく。全員揃って、スタート近くになったら小雨状態になってきたので、出発することに。10kmほど走ると、雨は上がって青空まで。いくつもの登りを励ましながら登って、ようやくお昼。すると、また雨脚は強くなり。尾根幹を過ぎて、また多摩川沿いは雨に降られたけど、雨宿りをしながら到着。終わってみれば、男性ばかりだったのでペースは早く、「蒸し暑いよりはシャワーみたいでよかったかも」なんて声も聞かれたほど。創造舎でバケツと雑巾を借りて、みんなで自転車掃除をしたり、いろいろ話をしたり。100Kに来てくれるという人も多かったし、また再会を誓って散会。来月は真夏の100Kだ。