6月なのに灼熱のたまライド100K

今年の天気予報はまったく当てにならない。当日になっても、予報とは真逆の天気だったりする。しかも、4月、5月と雨続きで、ずっと梅雨空みたいだった。梅雨入りした6月から、雨は降らなくなった。そして、月末の猛暑日。前日、スーパーに行くのに外へ出たら、電子レンジの中にいるみたいに暑かった。どうなる、100K。翌日、参加者は20代、30代、40代、50代と見事に年代別の男性陣。湿度は低めだから、午前中は木陰は涼しいだろうと走り始めるが、15km地点の最初のコンビニで、全員が「走れるだろうか」と不安に思っていたことがあとでわかった。昼食場所のキャナリィロウでも、誰もサラダビュッフェを取りに行かない。冷製パスタも、しばらく誰も手を付けない。なんとか完食して、コンビニで午後の水分補給をしてから尾根幹を走り始める。雲が多くなって、吹く風も涼しく、走りやすい。多摩川沿いは追い風で、巡行スピードは時速28kmで走れた。残り30kmからも、1人も遅れることなく、順調にいつもの午後4時にはゴール。グループライドが初めてという参加者は、達成感が大きかったようだ。

Exif_JPEG_PICTURE

上野東照宮まで

この6月もいろいろあって、本当に大変だ。糸魚川前のハードトレーニングで免疫が落ちてウイルス性結膜炎になって、それが治ったと思ったら、今度は左大腿四頭筋が痛み出し、それも神経痛のような症状で、100m先のスーパーにも行くのに休み休みという体たらく。料理は椅子に腰掛けて、日常生活にも支障をきたす状況なので、いよいよスポーツ整体の先生に週2で施術をしてもらって、徐々に症状も落ち着いている。こんなに激しいスポーツしていて、ケアもしていなければ、知識もない、とボロクソ言われています。半年間、月間1000kmがいけなかったらしい。でも、仕事はしなくてはいけないので、東京の自転車コースを作る仕事で、一昨日は上野、谷中方面へ。上野東照宮、根津神社の歴史の迫力に圧倒され、この日も東京の面白さを満喫。神社内も休み休みという足なのに、自転車には乗れる。

新緑のカーテンを走るたまライド70K

本日から関東地方の梅雨入りが発表されたが、今年は4月からずっと天候が悪い。3月からスタートした今年のたまライドも、2度の中止に見舞われ、今月の70Kも、実に去年の11月以来の開催。参加者は相変わらず少ないのだけど、参加者が男性だけの場合、総じてペースは早く、一番登りの多い秋川コースだったけど、予定どおりに3時にはたちかわ創造舎にゴールしていた。いつ行っても混んでいて食べることができなかった鑓水のキャナリィロウも、スタッフが半分くらい入れ替わっていて、知らない人ばっかりだったけど、新メニューも加わっていて、美味しく楽しいランチとなりました。

Exif_JPEG_PICTURE

 

怒涛の5月

怒涛の5月がもうすぐ終わる。練習に明け暮れたGW、休み明けに都内60のおすすめポイント追加依頼。この日がすでに9日で、とにかく日にちが足りないので、火曜日にはその最初の8ポイントを取材して、神宮球場でドラゴンズ戦を塚本さんと観戦した翌日、ウイルス性結膜炎発症。翌日に糸魚川DNSを各所に連絡し、翌日眼科へ。2種類の目薬を処方されて、今月の取材はすべて目薬を差しながら行うという感じに。糸魚川に行けなかった週末、翌週末も使って、昨日ようやくコンプリート。4月も天気が悪かったけど、5月はそれ以上で晴れている日が少ない。終わるのか不安だったけど、どうにかこうにかやり終えて、昨日は4時間かかってフォルダ作りを終えて、すべて終了。なんか、久々に達成感がある。それにしても、東京は面白い。

五月晴れ

5月になって、まだまだ寒い。寒い?5月なのに?昨日の朝は、寝室の窓は真冬並みに結露していた。冬の羽毛布団も片付けられない。糸魚川ファストランまで2週間を切って、GW後半は、毎日自転車に乗れる予定。3日は100km走る予定で、宮ヶ瀬に行こうと思っていたが、GWの道路の混み具合を思い出し、コースをあきる野方面へ変更。たまライド70Kの七曲り峠、高尾街道、北野街道、御殿峠、尾根幹にすることにした。ところどころで渋滞は発生し、いつもの日曜なら混んでいない高尾街道までびっしりだった。サンデードライバーばかりなので、マナーも悪い。自転車も悪い。ストレス溜まるなぁ。食事処も混んでいるので、93kmを昼食なし。戻ってから、ドラゴンズ戦見ながら、冷凍してあった筍ごはんでお昼。ゲームも面白くて、充実の初日。

菜種梅雨

今年の4月はいったい何日晴れただろう。前回の青梅で手打ち蕎麦・ランチライドの日は奇跡のような天気だった。そして、今週の日曜日も雨予報。しかも、木曜日くらいから、天気予報はくるくると変わっていく。降水確率もとうとう70%になり、前日に前泊する参加者もいることから、金曜日に中止を決断。予報は当たって、10時くらいから雨模様になった。土曜日は暑いくらいの天気だったけど、日曜日は湿度たっぷりの天気。自転車に乗れないので、久々のランに出かけた。リサイクルセンターに衣服の袋を片手で抱え、そこから砧公園へ。人出も多いので、仙川まで下って、祖師谷公園を目指した。桜の時期には来ていないので、いつぶりか思い出せないが、若葉の季節になっていて、緑が美しい。人通りもさっぱりなくて、やっぱり仙川は走りやすい。帰ってから、ゆっくりと冷製トマトパスタを作って食べて、午後は野球観戦。天気悪いと、のんびりできる。

天空のスカイブリッジ

4月に入って、気持ちのいい晴れは何日あっただろう。先週末はファンヒーターが必要なくらいの寒さだったし、今週もまともな晴れはないみたいだ。その晴れ間を縫って、コース作りの仕事に出かける。月曜日は田園調布をスタートして、多摩川スカイブリッジへ。行きは川崎側なので、一度一般道へ出る。六郷を過ぎてから、再び多摩サイ。ほどなく、キングスカイフロント。ここから、天空の橋が見える。羽田空港の飛行機も並んでいる。見事な光景。大師橋から、たった2km河口側なだけだけど、空港直結の画期的な橋。バイクレーンも完備されていて、渡ると今度は東京側の多摩サイを戻る。東京側は道路が整備されている。のんびり走るには、ポーターも悪くない。

青梅で手打ち蕎麦ライド

たまライドは7年目の今年、新コースを追加した。青梅で手打ち蕎麦・ランチライで、走行距離は50km。たちかわ創造舎をスタートして、一番平坦コースで青梅へ出る。吉野街道から青梅街道を経由して、途中の石臼挽き手打ち蕎麦でお昼ご飯。多摩川へ入る羽村のチューリップ公園は、今が満開のチューリップ。いったい、何株あるんだろう、というぐらいのチューリップ三昧に、一同スマホを取り出して、しばし撮影タイム。サイクリングロードに入ると、桜がまだ満開の状態で、これも何本あるの、というぐらいの桜並木の連続に、歓声が上がるほど。余力を残しつつ、午後2時に到着。いつもより、余力を残してのライドに、みな大満足だった。

春寒の4月

春の選抜高校野球も終わり、プロ野球も開幕して、いよいよ春本番、と言いたいところだけど、とにかく寒すぎる。日曜日、月曜日はこの時期めずらしく、強く降る雨が二日間も続いた。しかも真冬並みの寒さ。山梨や長野は雪だったらしい。前日の土曜日も、雨こそ降らなかったものの、指ぬきのグローブを後悔するほど寒かった。ここ1ヶ月は実家へ自転車帰ると、汗びっしょりだったのに、汗一つかいていなかった。春の日差しの中で、ほのかに香る桜を眺めながら、春を感じることができるのに、今年はちょっと様相が違う。今日は都内のあちこちで小学校の入学式が行われていた。桜の花びらが舞う入学式って、何年ぶりなんだろう。来週あたり、半原の桜がきれいだろう。夕べの神宮球場のナイターも、厚手のダウンが必要なくらい寒かった。

桜咲く青梅

今年の桜の開花は10日くらい遅くなっている。一年前の写真やSNSを見ると、今日は桜の散り始めのようだ。世田谷の桜は今日で9分咲きくらい。日曜日に青梅で手打蕎麦コースの試走を行った。2時半からファーレ立川で野外劇を見ることになっていたので、朝9時に家を出て、その時間までに75km。とにかく、立川駅に電車で行ったことがないので、場所がよくわからず、駅前の商店街をうろうろ。路面がモザイク状になった道路を、上を見ながらうろついていたら、タイヤが取られて、車体が左に傾く。まさか、転ぶわけない、と思ったのに、派手に落車する。右肘、右大腿部を打ち付けて倒れていると、反対車線側の車からおじさんが降りてきて、「大丈夫か?」、近くにいた若い女性も駆け寄ってきてくれる。恥ずかしいやら、痛いやらで、「すみません、大丈夫です」となんとか立て直して、走り始めた。それにしても、自転車を起こして、ずっと支えてくれた女性も優しく、「ご親切にありがとうございます」とは言ったものの、やさしさに涙が出そうだった。これから、観劇なのに、右腕は擦過傷。なんとかお昼を食べて、無事に野外劇を見ることができた。