酷暑のたまライド

今年の8月は過去の最高気温を更新したのだという。7月は一日しか晴れた日がなかったのに、一ヶ月でこの落差。そして、最後の日曜日、たまライド100Kを開催。去年は、一年前の猛暑が影響してか、参加者は2人だったのに、今年は他でのライドイベント開催がないからか、参加者は真夏にしては多い7人。全員、男性で年代も比較的若い。最初からペースが早く、休憩の時に話を聞くと、みんなそれなりにトレーニングをしてきていた。前日に走った人も3人。11時前には鑓水のキャナリィロウに到着。お昼の間に日差しはどんどん強くなっていく。尾根幹を走る頃、日差しはピークになってきて、そのルートを先導した私が、暑さにやられていった。コンビニ休憩で、2ℓの水を頭から浴びて、少し回復。次のコンビニでも、また水をかぶる。残り30km、体格のいい50代の参加者にショートカットをするかどうか聞いて、2人でそのままゴールへ。残りの猛者たちは、調布飛行場、東京競馬場へ向かう。それでも、最後のコンビニの2ℓが効いたのか、ラスト20kmは頗る快調で、4時到着。まだまだ日差しが熱い。全員、笑顔の完走。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です