月別アーカイブ: 8月 2018

たまライド100K

もういい加減にしてほしい、今年の蒸し暑い夏も2ヶ月。普通ならば、昼間は暑くでも、夜には涼しい風でも吹いていそうな8月末も、一日中ムシムシ、この日も今夏最高気温37度を記録してしまった東京。そして、たまライド100Kの日であった。熱中症を心配する声もあって、どうなることかと思ったが、昼前に50代男性一人が熱中症の症状で木陰で休み、そのまま創造舎まで戻った。ずっと話はできていたし、渡したおにぎりを一気に食べていたので、立ちあがった時はだいぶ回復していた。昼食後、一行は30代3人、大学生、高校生、中学生の若者3人、そして50代一人という参加者になった。やはり若人は元気で、水がなくなるとコンビニ休憩をしたが、水や氷をみんなで分け合い、頭に冷水をかけて、それでもペースは落ちずに、笑顔のままゴールできた。参加者同士の会話も弾んで、極限状態を共有しているという全員おかしな一体感も生まれて、「すげぇ楽しい」一日だった。唯一50代で完走したイケダさんは、若者の体力に頼もしさを感じ、「ニッポンの将来は捨てたもんじゃない」というメールをくれた。最年少14歳のヒロキくんは、「前半の登りがきつかったですけど、後半は大丈夫でした」と軽々と答えた。やっぱりやってよかった、希望が見えた酷暑ライドだった。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

酷暑の夏の過ごし方

お盆休みながら、連日の猛暑でどこにも出かけず。せめてお昼を食べに、と三軒茶屋まで自転車で走っただけで、大汗。冷房の効いた自宅に戻って、高校野球を見ながら「これが一番」と観戦を決め込む。高校野球は、この暑さでも満員御礼で、試合もそれに応えるかのように熱戦ばかり。逆転サヨナラ満塁本塁打、7点を追いついて逆転勝利、と筋書のないゲーム展開はダレ切ったセ・リーグの試合とは段違い。今の中日では、済美高校に勝てないだろう、きっと。夕方になって、外ランをしようとしたが、夜7時になっても湿度80%の蒸し暑さにめげて、プールへ。いつもなら8時30分まで選手コースで3コース使っているジムプールも、この日はお盆休みでがらがら。なので、一人で1レーン貸切状態で、40分ノンストップで泳げた。ここ数回、50mプールで泳いでいるせいか、泳ぎは快調。スイムだけは練習できてる。あとはどうやって、20kmランの練習をするか、だ。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。