月別アーカイブ: 9月 2016

秋晴れ

早いもので、佐渡から3週間が経った。でも、あの暑さが嘘のように、そしてあの時晴れたのが最期のように、9月は晴れない。撮影に行きたいのに、まったく晴れない。最後の日曜日、およそ3週間ぶりに晴れて、その日はたまライドだった。ハーフの高校生が参加した。185cmの長身で、カナダ人の優しそうなお父さんが車に自転車を乗せて送ってきた。家が近くだったので、帰りは責任を持って送り届けると約束すると、お父さんは「それは助かります」と言って帰っていった。今まで40kmしか走ったことのない一人息子を心配していた。少ない人数だったので、自己紹介をして、すぐに打ち解ける。彼も「人と走ったことがないので、何か気をつけることはありますか」なんて、ところどころ大人びていた。コーヒーショップでアルバイトした資金で買ったスペシャライズドのロードは、長身の彼らしく、ヘッドチューブが異様に長い。玉川上水を走っていると、「多摩川はいいね。井の頭通りは車が多くて嫌い」と、羽村の方向を向いて言っていた。大人たちに挟まれて、無事に帰り着き、約束どおり、一緒に多摩川を走って帰った。途中、一般道路を走っている時に「すみません、シリアルバーを食べたいので、多摩川で止まってもらっていいですか」と言う。走りながら食べられないみたいだった。結局、狛江近くのコンビニで休憩したのだけど、「もう57kmも走ってる。今まで40kmしか走ったことないから、疲れちゃったよ~」とバーをほおばっていた。少しハンガーノック気味で、汗を拭き拭き「今日は暑いね~」と、許容量を超えたのか、急に子供っぽくなる。100Kも申し込んでいるので、「じゃあ、次は100kmだね」と言うと、「(アップ&ダウンが)大変?もっと練習してきます」と、にっこり笑って帰っていった。春から、京都で美大生になるらしい。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

佐渡顛末記

私にとって17回目となる佐渡国際トライアスロンが終了。とにかく、これだけ出ている中で、一番きついレースとなったのと、加齢による疲労度MAXで、3日経ってもまだ手足、顔は浮腫み、筋肉痛もひどい。昨日は保坂くんにだいぶほぐしてもらったけど、「こんなに固いんですね、筋肉」って、びっくりしてた。一度も雨が降らなかった佐渡も経験がなく、月曜日までピーカンだった。今回は3人での参加だったが、3人とも練習不足で、気持ちは沈み気味。絹ちゃんにいたっても、「今回は完走できるかな」なんて、チョー弱気であった。なにせ、前日に会場まで買い物がてらのサイクリングのあと、一人でプールに1500m泳ぎに行ったほど。私はといえば、ランができていなかったけど、緊張感はなく、それでもなかなか寝付けなかった。駐車場に車を停めて、とぼとぼと歩いていく。トランジットでは、いつものメンバーに会い、隣の人と話し、そして応援できていた阿佐美さんがゲートで呼ぶので、しばらく話した。今年は宮古とチューリッヒ、スイスはタイムアウトだったとか。スイムチェックに入ったら、もうスタートするしかない。去年から一辺の長い二等辺三角形、Aタイプは2周。今年は水が澄んでいて、バトルはないのかと思いきや、岸に向かう最後の900mでうねりがあり、泳ぎにくくなった。人が何度も前を横切る。頬っぺたをなぐってきたオヤジに手足で反抗すると、お尻をつかまれた!平泳ぎもいるから蹴られるし、今年も散々。タイムもひどく悪かった。トランジットに行くと、私の両側のバイクがすでになく、あーあ、って感じで。バイクで走り出し、それでも前を追いかける。バイクではトータル10人ぐらいの女子は抜いたかな。小木の坂が終わり、残り2つの登りが終わると、もう坂はない。ところが、最後の海岸線も向かい風。後ろからきたパックに付いて、6人ぐらいで会場へ向かう。いよいよ、ラン。バイクでも体や頭に水をかけていたけど、尋常な暑さではなかった。走れるのかな、と走り出すが、どうにもこうにもスピードは出ない。私の前でバイクゴールした女性は、ランに入っていきなり歩き出した。その他、横には男達がゾロゾロと歩いてる。こんな光景は初めて見た。最初のエイドで、頭から水をかぶり、スポンジをもらって、肩に入れる。金丸のエイドを過ぎて、畑の道へ出ると、そろそろ知り合いにも会う。コーキさんが来たので、「もう止めたいよ~」と言うと、「がんばって」とハイタッチ。がんばれるのかな。折り返しまでが長かった。何度も頭から水を浴び、私設エイドの人にメロンやスイカをもらい、それでも陽射はどんどん強くなった。ちょうど、暑い時間帯を走っているのだからしようがない。この日、気温は34℃。とにかく、ジリジリとした陽射が強い。折り返して少しは楽になるかと思ったが、さらに厳しい。次のエイドまで2.6kmでーす、とボランティアの女の子は言うのだけど、そこまで行けるんだろうか。最後のエイドで、少し脹脛がピクピクし出した。残り2km、さらにゆっくりになって、また抜かれる。最後の商店街で、残り500m。なんとか、ゴール。ヤングが待っていたが、「俺、5kmでやめました」芝生では、みんな寝転がってる。私も腰をおろす。本当につらかった。お風呂へ行く元気もなく、荷物をようやく積み込んで、宿へ。しばらく横になった。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。