カテゴリー別アーカイブ: 未分類

もうすぐ冬至

今年の冬至は22日だそうである。陽が短いのもここが最短なので、年を越せばどんどん長くなっていく。春が待ち遠しいなぁ。去年の冬は暖冬だったと記憶していて、12月が寒いなんて思いもしなかった。ところが、今年はすでに東京でも氷点下を記録して、今日も相当冷え込むというので、ユニクロの極暖を着込んで自転車に乗ってきた。仕事場ではネックウォーマーをしっかりとして、風邪を引かないように気を付けている。こんなに寒い冬なのに、今週のたまライドも大勢の参加者が申込みをしてくれて、来月の100Kももうすぐ定員締切。先週試走をしてきたが、武蔵野の峠道はすでに冬景色。一月前とは大違いだった。それでも、空気はきーんと澄んでいて、冬ライドはまた一味違う良さがある。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

目黒ぐるぐるラン

今年は相当寒いらしい。11月下旬から1月の寒さ、とNHKの斉田さんが言っている。そういえば、去年は暖冬であったのだと記憶を遡る。真冬の外ランも、すべて膝下のカプリタイプタイツで平気だった。手袋も一度もしていない。そんなことを考えながら、3週間ぶりに休みの日曜日は目黒ぐるぐるランに出かけた。風がなく、走りやすかった。福岡国際マラソンが始まりそうな時間帯に、録画をセットして出発。いつもの世田谷通りから蛇崩れ川緑道、三軒茶屋、池尻から山手通りをこの日は駒沢通りでUターン。帰りは目黒川、烏山川緑道、北沢緑道と、世田谷の緑道満喫コースだった。目黒川はクリスマス気分のカップルが多く、ものすごく賑わっている。このところ、ロングの距離を走っても、足腰がどこも痛まず、リョーマ整体師の施術の効果があると思われた。あんまり褒めると調子に乗るタイプなので、それでも「どこも痛まなかった」と言うと、「治しちゃいましたね~、いやー、すごいな俺」なんて、これだけ図に乗る。戻ってからは、福岡国際の経過を見ないように、録画を最初から見ることに成功。大迫傑の走りに刺激を受ける。日本人でもこれだけやれるのだ、と。町田の忠生中学出身という、地元民としても誇らしい。早大の卒業生OBとしても。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

たまライド50K

今年は本格的な冬の訪れが早い、と思わせた冷え込んだ11月下旬、たまライド50Kを開催した。2週連続の台風で先月中止となったので、2ヶ月ぶりのロングライド。若い男性参加者が多かったので、終始ペースが早く、順調に進んだものの、唯一の峠である戸沢峠が先月の台風による土砂崩れで通行止め。美山通りはパスして、高尾街道へ向かった。アップ&ダウンが気持ちいい新滝川街道を走り、八王子バイパスを通過すれば、日野市へ入る。早朝は気温4℃だったものの、昼ごろには17℃まで上がって、日差しが暖かく、ぽかぽか。久々のロングライドは楽しかった。高尾の山々の紅葉も美しく、まさに絶好の紅葉ライド。来月は師走の70K、人気の70Kなので参加も増えそうだ。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

Tokyo sanpo Ride

晴れても寒いです、と前日夜の天気予報でも言っていたとおり、一日中寒かった日曜日。しかも、ちっとも晴れない。北風が強く吹き、信号待ちで手袋をした手を温めた。この日ガイドをお願いしたyukoさんは、ホッカイロを2つも持ってきていた。ガイド2人と、参加者2人の4人女性だったこともあって、ガイドをするとリアクションも多めで、終始楽しいライドだった。豊洲市場横の富士見橋で全員で写真を撮るが、「楽しくなくても、楽しそうにしてください」と言うと、すごく笑顔の写真が撮れた。門前仲町で1時間の休憩をとり、ガイドの私達はブルーボトルでコーヒー休憩。アジアの観光名所になっているのか、この日も満員、行列、すごい人気。まだまだ寒い下町を経由して、1時過ぎに公園に戻った。「絶対に自分では行けないところを走れて、驚きと発見がいっぱいで楽しかった」なんて感想をもらい、yukoさんとご苦労様ランチをして終了。今年最後の都内ライドは大成功だった。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

冬のラン

冬の乱、ではない、ラン。種子骨という、足の親指の付け根の骨が傷んで、一ヶ月走らなかった。休みの日はすべて自転車、で紅葉尾根幹も走ることができた。しかも、今月のつくばマラソンはたまライドと重なっていたことが、申込み後ひと月以上経って気づき、フルを走ることもできない。どっちみち、この故障では走ることはできなかったけど。日曜日は晴れていたが、風もあって、念のためにソールの厚いonのシューズを履いて、いつもの休日コースである駒留陸橋から蛇崩緑道~大橋~烏山川緑道コースを走った。久々ながら、足も痛まず、辛くもなく、順調に1時間半で終了。都内もあちこちで紅葉が進んでいて、景色が明らかに違っている。もう冬だ。来週は母と母のお友達と、いつもの三人で紅葉狩り。去年は原村でお蕎麦だったのが、二人のリクエストで箱根になった。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

尾根幹の紅葉

11月に入って、三連休。しかもすべて晴天。これは走るしかないと、日、月の連ちゃんで尾根幹へ。毎週、車では走っているものの、自転車で走ると、ものすごく季節を感じる。木々の葉は紅葉が進んでいて、見事な景色のところが多かった。この間まで、暑い、暑いと走っていたのが嘘のように、アームカバーがちょうどいい。尾根幹のアップ&ダウンは、紅葉のグラデーションを映すのに打ってつけ。若葉の頃の青々とした景色とは、大きく違う。二日目は、朝から大学駅伝が始まっていたので、録画をセットし、実況はラジオで聞きながらのロードワーク。尾根幹から鑓水へ向かい、町田街道へ合流する70km。駅伝のトップは東海大学と神大が争っている。神奈川大学は、地元では神大(じいんだい)と呼ばれて親しまれている。大後監督になってから、しばらくぱっとしなかったのに、まさか優勝を争うとは。帰る頃には、神大の20年ぶりの優勝が決まっていた。青学の優勝が続いてから、キャッチフレーズだの、マスコミ受けのコメントが目立ったなかで、「自信なんて、これっぽっちもありません」というコメントは、響く。東海大学も神奈川県内にあるし、この二校で箱根も争ってもらいたいものだ。この時期、二日連続でロードに乗るのはめずらしいのだけど、やっぱり自転車は気持ちがいい。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

10月は秋晴れが多かったはず。ところが、今年は晴れた日は数えるほど、しかも週末は5週あったうち、4週が雨だった。こんな10月は見たことない。今月のライドは2回とも中止となり、次回以降へ振替にしてもらった。雨で振替は、先月の台風以来。今年は台風が当たり年なのか。久しぶりに晴れた日に、バイシクルライドのビジュアル撮影に出かけた。空気が澄んでいて気持ちがいいが、都心部でも紅葉が始まっていて、すでに冬の雰囲気。それにしても、東京は外国人観光客がいっぱい。ハロウィンの仮装を目当てに訪れている人も多いのだとニュースで言っていた。ハロウィンはもはや、日本の風物詩。お祭りの逆輸入。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

色づく尾根幹

体育の日三連休は、後半2日が爽やかな秋晴れ。日差しも強くなく、風は涼しく、絶好の自転車日和だった。1週間後が糸魚川スポルトだという家人に練習をつけるべく、尾根幹へ。佐渡前の練習以降かと思ったが、9月月末のたまライドで、多摩南野辺りを走っていた。しかも、毎週土曜日に相模原へ帰るときに、車では通過しているので、久しぶりでもなんでもない。それでも、自転車で走る紅葉の始まった尾根幹は格別に気持ちがよかった。こういう時、自転車に乗っていてよかったと心の底から思える。私は練習ではないので、いつもよりはゆっくりめで、景色なんかも楽しめる。連光寺を登り、尾根幹から野猿街道、北野街道、さらに町田街道で世田谷に戻る。行楽シーズンの三連休で、道路は渋滞し、悪質な幅寄せ+クラクションという不届き車もいたものの、信号待ちで捕まえて道交法違反を注意し、その先の交番で車のナンバーを伝えた。老人の警官は昼寝の最中だったのか、外していた銃の装填ベルトを付けながら、面倒くさそうにメモを取った。町田街道は、自転車で走るには狭すぎる。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

世田谷目黒ぐるぐるラン

金曜日の撮影は、久しぶりの春海橋。廃橋からの眺めは格別。そして、2週間ぶりの日曜日の休み。今年は糸魚川スポルトには出られないので、ランニングに出ることにした。いつぶりだろうと考えたが、思い出せない。おそらく、8月のお盆休みあたりだろう。それに比べれば、随分と涼しい、かと思いきや、この日はなかなか暑かった。松本マラソンが開催されているらしいが、みな苦戦しているだろう。私はといえば、いつもの通り世田谷通りから、遊歩道沿いにくねくねと走り、新しい遊歩道をみつけると、それに沿って進んでいった。気がつくと、五本木に出ていた。長い行列があるので、その先を見ると、おしゃれなカフェらしきお店が開店時間。カフェはどこでも人気だ。ここから祐天寺を経由して、目黒駅前から目黒川沿いへ。北沢緑道に入って、環七から帰ってきた。最後の5kmは時々歩きが入るダメっぷり。トータルで20kmくらい。また股関節が固くなっていて、腰が痛い。おまけに、「腱鞘炎」と診断された右腕が痛い。月曜日、「湿布が増えてますよ。今日は鍼ですね」とK嶋くんに言われ、腕に鍼を打たれる。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。

多摩川70K

秋晴れのなか行われた多摩川70K、最多人数で隊列は60mにもおよび、和気藹々と全員完走。美山通りはちょうど山の上に八王子霊園があって、お彼岸とあってお墓参りの車が大渋滞。ときどきは歩道走行で、高尾街道へ。北野街道は野猿街道まで緩やかな下り。いつも、トレーニングの時は逆走で登り基調のこの道も、とにかく気持ちいい。このあと、野猿街道を登り、さらに大栗川南からは尾根幹までを登って、ようやく二度目のコンビニ休憩。参加者のパンク修理をしていたので、ガイド2名、参加者1名は先行組に追いつくべく、スピードアップして到着。残り20Km、最後の腹ごしらえということで、みな思い思いの補給をして、車座になってまるで宴会状態。連光寺まで行くと、これまた気持ちのいい下りになって、いよいよ多摩川沿いをひたすら回すだけ。自走組もいるので、トータル100kmを越える人が多い。ガイド3名も、また多摩川沿いの道を回して、帰りついたのだった。

カテゴリー: 未分類 | コメントは受け付けていません。