糸魚川スポルト

東京→糸魚川スポルトに2年ぶりに参加した。明治大学駿河台校舎から、糸魚川市のホテル国富アネックスまでの332kmを交代で走る。わがチームは3人編成なので、最初の1クールだけ30kmで、残りを20kmずつ、5回走ることになる。スタートはいつものとおりヤングで、時間差スタートの最初3時50分に、暗闇の駿河台を後にした。いつもの交代ポイント、国立インター手前のローソンで、到着を待つ。だいたいのチームがここで交代なので、春以来の挨拶。ヤングを待つ間に、自転車を置いてガードに腰かけていた外人男性が話しかけてきたので、しばらくおしゃべりした。仲間にピックアップしてもらい、金沢まで行くということだった。この仲間というのが、チャプター2のマイケル・ライスさんだった。車の上には、ピラーの突き抜けた2台のチャプター2が並んでいた。ここからしばらくは登りの連続。大垂水峠を過ぎても、相模湖~大月、笹子峠までは登り基調。私は3番手なので、相模湖駅前から大月駅前までの30km、1時間10分で交代。次は笹子峠下り途中までの20kmだが、ヤングがなかなか来ない。57分経ってようやくチェンジ。この辺りから、すでに暗雲が‥‥。甲府バイパスでは絹ちゃんが交代ポイントを通り過ぎ、10分のロス。二人には、その後挽回!を約束してもらい、その後は助手席に座った人がiPadで位置を確認しつつ、スムーズに走行していった。交代ポイントも、Google Arthで調べた場所がコンビニになっていたり、なくなっていたり。春のクラシックでみんなが嫌がる安曇野~大町のダラダラ登りは絹ちゃんと私でクリア。気の遠くなるような一本道も、普段のエアロバイクの高負荷トレーニングみたいだな、と距離計を見ながら踏んでいく。糸魚川街道に入ると、そろそろ残り時間を計算できる。なんとか5時半までに到着したい。ゴールまで走る私の最終区間は、小谷道の駅で、ここから25kmある。チェンジしたのは4時46分、目標タイムまで44分。下り基調の大好きな区間を、とにかく目いっぱい踏んで、トンネル&洞門の連続で、路面もガタガタな糸魚川街道をかっ飛ばす。やっぱりこのコースが楽しい。2年ぶりの道は、やがて姫川を越えて、市内に入っていく。距離計だけを見ながら、ようやくホテルの入口が見えた。到着は5時29分、自転車メーターのAv.は34.5kmだった。3人で13時間39分。3人チームハンデ20分、女性2人ハンデ40分の60分ハンデをもらって、24チーム中13位。反省点はいろいろあれど、まずまずの成績で終了。打ち上げを兼ねた宴会では、チーム挨拶の時の挽回ネタがウケて、同室のジニーに、「ゆきえさん、どうして、そんなに面白いんですか!」と質問された。写真は、駿河台でスタートを待つヤング。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク